2010年07月30日

タシサイサイ

東京というより全国的に雨が降って、火照ったアスファルトもややクールダウンという所でしょうか。
そして、この感じを「ジメっ」としていると取るか、「シットリ」と受け止めるかで、心持ちも随分と変わってくるのでしょう。

僕個人はと言えば、昨年zero-stageを生み出し、今年さらに発展させた「慈音」という形態でスタートを致しました。

プロデューサーとしても、クリエイターとしても、俳優としても人間としても男としてもまだまだ未熟で不勉強では有るけれど、そんな僕に協力してくれた慈音の社長、スタッフ、中井監督、全力で協力してくれた仲間達に深く感謝です。

もちろん、劇場に足を運んで下さった皆さまの「お陰様」である事は言うまでも有りません。

最高のスタートが切れたと思っています。

最近こんな話を聞きました。
コケることが恥ずかしいのではなく、コケて立ちあがれないことが恥ずかしい。

人生の転倒は何度でもありますが。
その転倒も天道と心得。

次に行く。

誤解無いよう申し上げますと、慈音公演まったくコケてはいません!
ただもちろん多くの反省はありますので、反省を行い、次に向けて行くという。

慈音で僕がやろうとしている事は、中々言葉では表わしづらい。
何と言ったら良いのだろう。

先日の舞台「ら抜きの殺意」にこんなセリフがある。

言葉ってのはそう思う人が増えちゃったらそういう意味になっちゃうんだ

この台詞の解釈は、今の論点では有りません。
この場では、やや肯定的に受け止めます。

つまり慈音というクリエイティブブランドを、新しいけれども歴史を紡いでいくものというような事にしていきたいなと。

誤解を恐れず敢えて抽象的で有る表現です。

さらに言えば。

全然素晴らしい。

という言い方が正しいかという時に、違和感を覚えるも50年後には誰も違和感を覚えなくなっているのではないかという事。


・・・・?


ですから。

「全然」は「全然出来ない」とか「全然ダメだ」とか全然の下には打ち消しで有ったり言葉そのものが否定的であると抵抗感がないワケ。

しかしだ。

全然きれいだ

全然素晴らしい

となると、何と言うか抵抗感を感じる。

よね?

でも最近「全然いいよ」「全然大丈夫」とか。

若手の俳優さんとか、ファンに握手求められて「ああ、全然、全然」
と。
もはや良いのか悪いのかさえ判別できないくらいになっている事もしばしば目にする。

そりゃ、空気読めば「全然」のあとに「いいですよ、喜んで」という隠語が含まれていることくらいわかる。
しかし、やはり全然の後に肯定なので。。

全然違和感を感じる。

だけど。

「とても」は明治の頃には「とてもできない」という使い方しかなかったようです。下に否定的な意味を持つやつです。
最近でも「とても無理ですよぉー」と腰の低い謙虚な人には、垣間見られる表現。
そして、それは大正、昭和になってから初めて日本に「とてもきれいだよ」なんて台詞を言う伊達男が出現したから、かどうかは知らないが下に肯定的な意味を持つ「とても」が出現したそうです。

今となっては。

全然違和感を感じない。

とても奇異とは思えない。

という事で。

全然がとてもの様に進化していくので有れば、それは全然良いことだ。

つまり文化というのは、紡ぎながらも新しく進化して行くという。

芸能と芸術の間。

クリエイションとビジネスの間。

冷静と情熱の間。

・・・・ん?

埋められないものでもないし、そもそも別物でもないし、中途半端でもないし。

常にニュートラルでいることで、慈音のモノツクリを進めて行きたい。

ま。

そゆこと。

君は。

とても全然美しすぎる。

ありがとうございます
横田真吾


posted by shingo at 13:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

とりあえず眠りたい

千秋楽が過ぎて。
祭りの後の、静かな時のように。

日々は過ぎず。

ずっと残務処理で、先ほどやっと落ち着いたわけで。

2日遅れて、ああ終わったのだと。

いつもながら舞台が終わると燃え尽きたようにぼぉ〜として。
特にプロデュース公演では、使うエネルギーの量がパねーので。

肉体も精神も時間も何もかもが慈音公演に向いていたから。

あの小さな劇場に全力を注いだので。

終わって寂しさというか、虚無感。

IMG_1258.jpg

この世界で、生きた。

IMG_8892.jpg

この最高に素敵なメンバーで。

師匠と共に。

ごつい2カ月を過ごした。

想いはそれぞれ。

ありがとう
ありがとう

ありがとうございます
横田真吾
posted by shingo at 21:33| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ずっとこの時が続けばいい

第一回慈音公演。

終了。

お越しくださった皆さま。

本当にありがとうございます。

キャスト、スタッフの皆さま。

中井庸友監督。

心からありがとうございます。

プロデューサーとしての立場と、役者としての立場と。

本当に至らないところが多々あれど。

僕としては、完全燃焼。

課題や反省点は、盛りだくさん。

残務処理も盛りだくさん。

次への希望も盛りだくさん。

千秋楽では、本当に舞台上でこのまま死んでしまっても後悔しないっていう変な気分になった。





あんま根気張るとえぐねえぞ。
肩さ力入ってはなんねえ。



僕の事であります。


さてと。

次に向かって走り出しましょうかダッシュ(走り出すさま)


ありがとうございます
横田真吾
posted by shingo at 11:50| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

にしまんるい

さて。
本日もパッション出してくよ。

2日目宜しくっす。

ありがとうございます
横田真吾
posted by shingo at 12:44| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありがとうございます。

本日、無事「慈音公演 ら抜きの殺意」始まりました。
良いスタートが切れたと思います。

僕個人的には。

つか先生への献劇のつもりで舞台に立っています。

時代をつくった偉大な演出家に合掌。

まだまだ全力でがんばって行きます。

是非皆さま。

お越しいただければ幸いです。

ありがとうございます
横田真吾
posted by shingo at 00:12| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

全ては流れの中に

本日、「慈音」の初日を迎えます。
ここからが始まりなのだと。

グッと胃に来る鈍痛を愛おしくも思いつつ、今日の朝を迎えました。

出来る限りの作品を目指し。
良い状態にあると思います。

後は。

お客様に観て頂いて、初めて完成するのです。

毎日、一段一段階段をしっかりのぼって行きたいから。

是非お越しください。

まだチケット間に合います。
当日券もあります。

受付にて「横田真吾ブログ見た!」で当日券を前売価格にて販売いたします。
当日4000→3500円に!

作・永井愛
演出・中井庸友
「ら抜きの殺意」
7月13日(火)〜7月19日(月)
@中目黒ウッディシアター
13(火)18:30〜
14(水)18:30〜
15(木)14:00〜18:30〜
16(金)18:30〜
17(土)14:00〜18:30〜
18(日)14:00〜18:30〜
19(月)15:00〜
(全10回公演)
※開場は開演30分前
前売3500
当日4000
出演
辰巳蒼生
横田真吾
中山峻
渡部みずき
伊藤久美子
川崎賢一
松澤傑
野口真代
羽田昌義

http://www.islandst.com


つかこうへい先生がお亡くなりになりました。
飛龍伝で、先生最後の演出を受けられたことを宝に、日々邁進してまいります。

ご冥福をお祈りいたします。

合掌。

ありがとうございます
横田真吾
posted by shingo at 08:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

首尾は貫徹、したいワケで

麻布十番の某コーヒーショップで150円のおつりを85円ですと言われて返されました。

横田真吾です。

言いまつがい過ぎだから。。

いやしかし、麻布十番でサンダルに麦わら帽子、半ズボンに首に手ぬぐいを巻いているというおれのいで立ちが、店員さんにそれをいわせたのであれば、申し訳なくも思う。

小道具の仕込みや、打ち合わせ、営業やその他諸々の一日。

朝も5時から仕事開始。

まだ昼か。

さて。

がんばんべー。

ありがとうございます
横田真吾
posted by shingo at 12:58| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

re.

いよいよ本番間近。

re.フレッシュしてガツンと。

辛い事も
悔しい事も
厳しい事も
俺ちいせーってのも

沢山あるけど。

やるってったらやる!

プロデューサーでもあるし!

もーぶっこみで。

しかしまあ。

プロデュースし始めて二本目。
本番前ってのは戦闘モードだから。

ついつい

テンパるわい。


image-20100709234229.png

朝、車ではんばーがー食った。
朝のはんばーがーが、ストレスでカッサカサになった胃袋に。

黄金の右!

ばりに良く効くパンチ

ありがとうございます
横田真吾

posted by shingo at 23:49| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

キャベツをくれい

久々っ!
そいえば、ブログやってた。

みたいな感じ。

ちゃんとしなきゃね。。

元来めんどくさがりーだから。

さて。

慈音としての、最初のプロデュース公演!

永井愛先生の『ら抜きの殺意』

ホント読めば読む程、深い深い想いに、愛に溢れた作品だなと。

感動。

毎日読んで。

毎日芝居して。

なのに。

読めば読む程、やればやる程。

感動して行くんだから。

そして、今回集まったキャストの。

織り成す奇跡を。

ご覧あれ。

熱いっ。

ただただ熱いっ。

妥協なし。

つまり。

おれは。

胃炎。。。

フリスク食い過ぎて。

おなかこわした。


あっ、13日〜はじまります。

劇場でお待ちしてます。

ありがとうございます
横田真吾


posted by shingo at 09:39| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

扇風機の風

あああああ。

と言いながら、お天気の日に芝生の土手を活き活きと転げ落ちてみたい気分です。

本番まで時間がない。

作品のクオリティーはあがってます。

かなり大人なら抜きの殺意。

7/13〜7/19
中目黒ウッディーシアター
ら抜きの殺意

演出・中井庸友
作・永井愛

チケット絶賛発売中
http://www.islandst.com/index.html

ちなみに、俺。
家庭菜園と漬物がもっぱらの趣味です。

きゅうり
トマト
ナス
パセリ
云々かんぬん
image-20100702222119.png

夏だああああ!

と騒げるよに。

一日一日がんばって行きます。

はい。

ありがとうございます
横田真吾
posted by shingo at 22:23| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。