2011年01月27日

糖平金

またもや久々更新。
ブログはもう、「たまに更新される」という位置に君臨していますね。

次回慈音公演の詳細を発表しますといいつつもまだお伝えしていないのには、当然ワケがありまして。
僕が忘れているとかそういう事では決してないのです。

色々あるワケですよ。
脚本もオリジナルで、作家との打ち合わせやら、キャスティング、スタッフさんのブッキングに劇場とのやりとりやら。。

それらを、寝て食って飲んで、TV見て映画見て、漫画読んで、音楽聞いて本読んで、鼻くそほぢっている合間にしなければならないのですから、相当ややこしいです。

脚本だって、中井庸友監督演出ですし。
前回永井愛先生の素晴らしい本で上演してますから、テキトーなので良いとはならんワケで。

ん?

なんか、勝手にハードルあげている様な気もしますが。。

公演に際しても、今までに取り組んだことのない「様々」な面白い事をしてみようと思っているので、今はその準備に余念なくすごしております。

先日その為の勉強をしに浅草へ行って来ました。
IMG_8407.jpg


着々と高くなっておりますな。
スカイツリー。

スカイタワーって言ってしまう人が身の回りに多いのは気のせいでしょうか。

先日仕事の打ち合わせに事務所に行った時、こんなお茶がありました。
IMG_1348.jpg

めぞん一刻、茶。

中身は、別に四谷さんが煎じた怪しいお茶でもなんでもなく、おいしいお茶です。
しかし、このめぞん一刻のパッケージのノスタルジックな事と言ったらないですね。

小学生の頃、音無響子と結婚するのが夢でした。
当時飼っていた熱帯魚に「裕作」と「響子」って名付けていましたから。

知らない方、すみません。
是非、一刻館の事を知って!

唐突に話しが飛びますが、というよりこっちがメインなんですが、次回慈音公演は古典落語の「らくだ」にインスパイアされて作るお話です。
古典落語が今尚語り継がれ、またその面白さというのが普遍であるという事から去年から落語をモチーフに一本舞台を作りたいとずっと考えていました。
形にするのが難しかったのですが、やっと出来そうです。

というか、去年の11月位に思いついてやっているのだから意外と早いのかな。。

昨年僕が寄席に通っていた事を覚えているでしょうか。
何を隠そう、この為です。

60年代のロックがいつになっても「今」であるように、古典落語も実は「今」なんです。
古典落語にインスパイアされて作る、をシリーズ化していきたいくらいです。

古典落語をやるわけではありませんよ。
畏れ多いわい。

まあ、詳細は今しばらくお待ちくださいませ。

今日は、久々の観劇。
ずっと前に出演させて頂いたルドビコ★さんの舞台を見てきました。
IMG_4767.jpg

いぇす。
サンモールスタジオでした。

面白かったですよ。

さ。
やることは盛りだくさん。
スタートからラストスパート。

毎回言ってるな。

ペース考えて走っている場合じゃないんす。
今回特に、前回の反省点を踏まえて一切妥協なしにぶっこむつもりですから。


IMG_1098.jpg

たま○ん丸見えで寝てます。

顔晴りまっす!!

ありがとうございます
横田真吾
posted by shingo at 23:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。