2009年07月15日

人間ってヒトとヒトのアイダにいるの。

ずっと探していた答えがここにあった、と思った時には、今まで実は何を自分が探していたのかさえ知らなかった事に気づく。

気づく。

気付く。

気が付くのだ。

自分自身に、「気」が付く。

気。

元気の気。

元の気。

その気が付くから。

気付く。

地球を見て、海を陸地の無い部分と思うか。

陸地を海の無い部分と見るか。

出来ますれば、その両面からの見方を。

世界はひとつ。


か、ふたつかみっつか知らねーけども。


とにかく。


よっつもいつつもあるかも知れない世の中。


一寸先は。





光。



なのだ。 



               ありがとうございます
                 横田真吾
posted by shingo at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。