2010年07月21日

ずっとこの時が続けばいい

第一回慈音公演。

終了。

お越しくださった皆さま。

本当にありがとうございます。

キャスト、スタッフの皆さま。

中井庸友監督。

心からありがとうございます。

プロデューサーとしての立場と、役者としての立場と。

本当に至らないところが多々あれど。

僕としては、完全燃焼。

課題や反省点は、盛りだくさん。

残務処理も盛りだくさん。

次への希望も盛りだくさん。

千秋楽では、本当に舞台上でこのまま死んでしまっても後悔しないっていう変な気分になった。





あんま根気張るとえぐねえぞ。
肩さ力入ってはなんねえ。



僕の事であります。


さてと。

次に向かって走り出しましょうかダッシュ(走り出すさま)


ありがとうございます
横田真吾
posted by shingo at 11:50| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。