2010年11月10日

上を向いて

今日、多分初めて当日券求めて並んだ。
下北沢本多劇場。

風間杜夫さんの一人芝居、五部作一挙上演。

実に上演時間五時間over☆彡

見るのも気合いいるな。
と思いましたが。

最高でした。
素晴らしかった。
凄過ぎた。
興奮した。

五時間以上お一人で演じてさらに、観客までずっと引き込み続けて、まるで長いと思えない芝居をかつて俺は見た事がないす。

七月にら抜きで共演した川崎賢一さんも並んでいて、お互いちょっと気恥ずかしくもありました。

とにかく素晴らしいの一言です。
凄い凄い凄い!

台本売っていたから買いました。最後の二冊で思わず。。

image-20101110233613.png

一人芝居の可能性がまだまだ途方もなくあるなと実感。
いつかやりたい一人芝居。

言葉でこの興奮を伝えるには、Blogの文面では足りないっす。

日本中の演劇人がみるべきだ!と思う。

会場には古田新太さんを始め、そうそうたる俳優が見に来ていました。

人間の集中力の凄まじさを見せつけられた。
ありがとうございます
ありがとうございます

上を見上げて歩いて行けるのは幸せだ。

ありがとうございます
横田真吾
posted by shingo at 23:43| 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。